今回はBOSSのマルチエフェクターGT-1の個人的な使い方について話したいと思います

まずGT-1とは世界的に有名なBOSSが出したマルチエフェクターで、2万円を切る値段で買える初心者にオススメなマルチエフェクターなのです。

僕も今回が初めてのマルチエフェクターだったんですが、やっぱり操作が難しい!笑

コンパクトエフェクターの、シンプルで解りやすい操作とは違うマルチエフェクターの操作の難しさに苦戦してましたが、2週間ほど弄ると、ある程度操作に慣れるので、初めは意味わからないと思いますが、根気強く弄ってあげてください。

GT-1のホームページに「パラメーター・ガイド/サウンド・リスト」というのがあり、ここに基本操作、エフェクトの種類、どういう設定ができるのかなどが細かく書かれているので、これを見ながら弄りました。

あと、GT-1には「GT-1の教科書」という本が出されています。

この教科書を取説として入れてて欲しいと思うくらい、これに助けられました。

GT-1の操作方法だけでなく、こういう使い方もあるよっていう裏ワザ的なのも載ってるので、オススメです。


GT-1の評価に関しては他に沢山の方がレビューを書いているので、そこを参照下さい。

僕は自分がGT-1をどう使っているかを書きたいと思います。

結論からいうと、メインはコンパクトエフェクター、足りない部分をGT-1っていう感じです。

歪み系のエフェクトは僕はメインでOne controlのStrawberry Red Over Driveを使ってて、違った感じの歪みを使いたいときにGT-1のエフェクトを使っています。

よく使うのはBD-2の再現したいものです。クランチサウンドで使ってます

Red Over Driveで歪ませてギター側のボリュームを小さくすることで、ゲイン量は調整できるのですが、僕のギターがボリュームと一緒に若干トーンも下がる感じがあって、その感じがあまり好きじゃないので、クランチはGT-1で別途作ってます。

BD-2は同じBOSSという事で再現度は高いらしいです。(BD-2を持ってないのでわかりません )

あと個人的にはオリジナルのNatural ODもいいなと思ってます。クセのないシンプルな歪みっていう感じです。

空間系やモジュレーション系はGT-1を使ってます。

他の人のGT-1に関するレビューをみたところ、空間系用エフェクターとして、GT-1を使ってるという方がいて、確かに1つ1つ空間系のコンパクトエフェクターを買っていくよりはマルチ1つでいろんな音を試せるので、これはマルチエフェクターの良いところだなと思いました。

曲によってCTL1にコーラス、PEDAL FXにディレイをアサインしてたり、CTL1にBD-2、PEDAL FXにディレイとリバーブをアサインしてたり、という感じで割りとシンプルに使ってる感じです

あとワウもあまり使わないので、今まで買うには至らなかったんですが、GT-1に入ってたので、やってみるとやっぱ楽しくて、暇なときにワウワウさせてます 笑

他にもオクターヴァーやリミッター、どういう音が出るかもわからないスローギアというエフェクトなど、使ったことのない機能もあるので今後触ってみたいと思います。

アンプのモデリングに関しては、買った当初は、いろんなアンプの音を再現してて弄りがいがあったのですが、家で使ってるjc-22にアンプ直で弾いたときの方が音に艶があるというか、深みを感じたので、それ以降は使ってないです。

よく言われるディジタル臭いってやつですかね。

操作性はコンパクトエフェクターの方が解りやすくて、エフェクター初めて買うっていう人にはマルチはあまりオススメは出来ないなっていうのが正直なところです。つまみを回して音色を変えるのがマルチだとイメージし難い気がします。

あとは機能が多過ぎて自分の出したい音がよく分からなくなることも考えられます。

GT-1買って数ヶ月で、まだ使ってない機能もあるので、今後も試行錯誤しながら、楽しんでいきたいと思います。

著者

HIROMU

電気関係の仕事をしています。仕事についてや趣味のギターについてつぶやきます。 Youtubeにギター弾いた動画あげているのでそれの解説も載せていきたいと思います。

コメントを残す