電験3種取得を目指している方多くいると思います。

仕事の進展のため、就職に有利だからいろいろ理由はあると思いますが、電験3種とるとどう有利なのか?具体的にわかる人って少ないんじゃないかなと思います。

僕は学生時代に電験3種取得しましたが、理由は就職に有利が一番の理由でした。

実際なんのための資格なのかもよく分からない状態で取得しました。


今現在電験3種を使う仕事をしていますが、正直に話しますと

仕事はなくならない

電気をかじったことある人からの評価は高い

安定した収入は得るが、上限も決まってる気がする

と感じます。

仕事は全然なくならないです。電気事業法がある限り。

電気はどこの家でも、スーパーでもオフィスでもスイッチ付ければ、コンセントにさせば使えるくらい普及しているので

電気事業法もなくならないし、それを管理する電気主任技術者(電験取得者)の仕事もなくならないです。

「新宿のビル群を夜景空撮」の写真

あくまで法律で雇われるので上限は決まってる

「へそくりの隠し場所はブタの貯金箱」の写真[モデル:大川竜弥]

ただ、会社が電気主任技術者を雇うというのは、一人分の給料を払うので固定費になります。

まず、お家の家計簿で考えたら、出費を減らす方法として、無駄遣いを減らすほかに、家賃が安い家に住むや

電気、ガス、水道などの光熱費を減らすなど、毎月固定で出る固定費を安くすることを考えると思います。

電気事業法で主任技術者を選任しないといけないとなっているから雇ってるわけで、できればここの固定費は減らしたいと僕が社長だったら考えます。

電気技術者が不足しているので、高い給料じゃないと求人がこない。でもここの固定費は下げたいから上限はここまで。

電気主任技術者では年収1000万いけばだいぶいいほうなんじゃないですかね。

感覚的に。

というのが僕の感じる電気主任技術者の状況です。

なんかいろいろ言われそうですね 笑


安定した職であることは間違いない

もちろん安定した職であることに間違いありません。普通に幸せな人生を歩めるくらいの収入はあると思います。

僕は逆にこの「安定した収入を得られる資格を持っている」という強みを活かして、電気とは関係のない他のことにチャレンジしようかなとも考えています。

失敗しても電気の世界に戻ればすぐに安定した収入は得られるのです。

なんなら、現在電験2種勉強中で取得する予定なので

電気の世界戻ってきても今以上の安定した収入は得られる予定です。笑

こういう安定の方法をみつけられたのもこの資格のおかげなので取っといて良かったなと感じています。

著者

HIROMU

電気関係の仕事をしています。仕事についてや趣味のギターについてつぶやきます。 Youtubeにギター弾いた動画あげているのでそれの解説も載せていきたいと思います。

コメントを残す