今回は電験3種の勉強を通して感じたことについて語りたいと思います

まず電験の勉強方法って

  • 過去問派
  • 参考書派

おおざっぱにいえばこの2択だと思います。

結論からいうと、僕は参考書めちゃくちゃやって、過去問で試験問題の雰囲気を掴むっていう感じで勉強してました。

割合で表すと

参考書8割、過去問2割くらいです。

なのでどちらかというと参考書派です

いろいろな勉強法があるなかで、結局この方法が僕的にはよかったし、確実に取れる方法でもあると考えています。

まぁどんな方法であれ最終的に合格すればなんでもいいんですけど 笑

そして、電験の勉強を通して感じたこと、気づいたことなどを今からお話させて頂きたいと思います。

僕は電験3種取得後、エネルギー管理士も取得し、現在は電験2種一次試験まで合格している状況で、今現在電験2種の二次試験を勉強中です。

そんな僕が電験の勉強を通して感じたこと2つ挙げます。

  1. 過去問はあくまでも過去にでた問題
  2. 参考書で勉強した内容は半分も出ない

まず1つ目

1.過去問はあくまでも過去にでた問題

過去問で勉強して受かったって人ももちろん沢山いると思います。それはそれで「おめでとうございます」と言います。

でも電験の試験後、できなかった人の話を聞くと、「こんな問題今までなかったのに今年は難しくなってる」

なんて声、僕の周りでもネットでもよく聞きます。

そんな急に難しくなるわけありません 笑

過去問はあくまでも過去にでた問題であって、類似問題も出ることもありますが、しょせん過去にでた問題なんです。

過去問ばかり勉強したは、過去問解いて、その問題の計算はできるようになります。しかし基礎がないため、少し問題の傾向を変えられると解けなくなります。

それと過去問解くの時間かかりませんか?

特に勉強し始めたばかりの人だと、一問に相当な時間かけて解いたり、解説読んだりしますよね。

時間かかるんで勉強やった気にもなります。でも傾向変えられると解けなくなります。

法規に関しては、電気事業法の問題は正直、問題の傾向を変えようがないので、僕もほとんど過去問で勉強しました。

でも他の科目、特に計算問題の多い、理論、機械は過去問は僕は薦めません。

僕的には過去問は問題の雰囲気を掴む、問題の出し方、よく出る問題の傾向だったりを確認するためのものっていう考えになってます。

実際、僕電験合格に3年かかったんですが、最後電力取れば合格ってなった年の勉強では、問題の雰囲気もわかってたのもあって試験2日前まで過去問一切見なかったです

それでも電力85点程で合格しました

やっぱ過去問で近道しようとするなってことですね

基礎を固めろってことです

今年引退したイチロー選手もあるインタビューで「遠回りが一番の近道」と語ってました。

その言葉が2つ目の考え「参考書で勉強した内容は半分は出ない」に繋がります。

2.参考書勉強した内容は半分は出ない

参考書の勉強は先程のイチロー選手の言葉からすると、「遠回り」です。

特に一科目で一冊になっている参考書なんて、めちゃくちゃ遠回りです。

その割には、僕の経験上参考書の内容の半分程しか使わないです 笑

その理由は、参考書を作る側になってみるとわかると思います。

もし、自分が参考書作ったとして、他の人がそれを使って勉強して、範囲の広い電験の問題ですから参考書に書いてないことが問題に出で、試験落ちました。

そしたらその落ちた人からしたら

この参考書ダメじゃん!

ってなりません?

だから作る人も、あれもこれもって範囲が広くなって、あんな分厚い参考書になると個人的には思ってます。

あくまで個人的な考えです 笑

ただ、勉強してたらわかるんですけど、クソ広いんですよ電験勉強の範囲って 笑

無駄だなって思うんですよ。

なんで俺こんなに勉強してるの?

とか思うんですよ

かといって、僕は参考書のみ勉強した後、いざ過去問を解いてみたところ、全然解けないことが多かったです。

これは先程も話した、問題の雰囲気を掴んでなかったのが原因でした。

こんなに参考書やったのに受からないなんて遠回りでしかないですよね 笑

でも参考書やって、過去問で問題の雰囲気掴むと、過去問平均8割くらい取れるんです。

6割で合格なので、余裕はありますよね。

基礎がしっかり身に付いてる証拠です。今まで過去に出なかったような問題でも、基礎が身に付いてるので、何事も無いように解けます。

確実に合格できる道だと思いますし、僕はそれで、電験3種、エネルギー管理士、電験2種一次試験まで合格してます。

電験2種の二次試験もこのやり方で合格目指します。

「遠回りが一番の近道」

実際やってみたら本当に遠回りが一番の近道だと思います。

でもこんな偉そうに語ってますが 、やっぱり結論はどんな勉強法であれ合格すればいいんです 笑

僕自身も今年の11月、電験2種の二次試験に向けて勉強します。

今電験の勉強してる方、これから始める方いるかと思います。

電験の資格を取ることは、今後の仕事、人生を決める大きな分かれ目になるので、僕の勉強法を参考にしてもいいし、しなくてもいいです。最後に合格通知が家に届けば勝ちです。お互い勝ちを掴み取りましょう!

著者

HIROMU

電気関係の仕事をしています。仕事についてや趣味のギターについてつぶやきます。 Youtubeにギター弾いた動画あげているのでそれの解説も載せていきたいと思います。

コメントを残す